サービス一覧

民法の法律で目黒の不動産とは、土地と建物のことをいいます。
その他は動産です。
少しちがうのは自動車が少しちがますが、それは例外として法律上目黒の不動産とは土地と建物です。
土地と建物は別個の目黒の不動産です。
別個の目黒の不動産なので別々に売買できます。
土地がAさんのものでその土地の上に建っている建物はBさんということがあるということです。
複雑ですよね。
ここで法定地上権という法律があります。
法定地上権とは土地がAさん建物がBさんという場合にAさんとしてはBさんに出て行ってくださいと言いたいのですが、条件次第ではBさんの住んでいる建物の土地に地上権がついてそのまま建物をBさんが使用できるという法律です。
これは建物だけを別の人に売るという行為からこのような状態がうまれます。
建物と土地は別個の目黒の不動産なので別々にうれますよね。