サービス一覧

目黒の不動産には主に土地と建物とがあります。
個人所有の目黒の不動産についてその評価額が問題になるのは主に土地の相続あるいは贈与が発生したときになります。
このような場合には土地は一般に高額であるため、資産税つまり相続税や贈与税の対象になるからです。
土地の税法上の評価は「時価」ということになっていますが、それではわかりにくいし評価の算定にコストがかかりすぎるので、国税庁では路線価方式、倍率方式など標準的な算定方法を用意しています。
それぞれの評価方法は国税庁のホームページに詳しく掲載されていて、素人でも時間をかければ算定できますし、税務署には必ず相談コーナーがありますので、そこで相談すれば丁寧に対応してくれます。
自分でやってみるのも面白いですよ。